防ぐ

私は、禿げています。
現在、56歳です。
40歳を過ぎてから、明らかに前頭部が薄くなってきました。
私の父が禿げていたので、禿げるのは、諦めていました。
現在、息子は、27歳なのですが、禿げるのを心配しています。
私も息子の髪の毛が心配で、薄くなっていないか、たまに見ています。
息子は、まだ、独身で、禿げるのを嫌がっています。
私の妻の父が禿げてなかったので、運がよければ、そちらの遺伝子を受け継いで、禿げないかも知れないのですが、すごく気にしているのは間違いないです。
息子は、薬剤師で、薬に関して詳しく、禿に効果のある薬を自分で調べてたようです。
そして、フィンペシアと言うものを見つけたようなんです。
これは、インドで製造販売されているフィナステリドを主成分とする医薬品らしいのです。
息子の説明によると、AGA男性型脱毛症はテストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンという脱毛を指令するホルモンに変換されてしまうことで発症するらしいのです。
脱毛の指令を出す5αリダクターゼを制御して、脱毛をしないようにするのが、フィンペシアに含まれているフィナステリドらしいのです。
この説明を聞くと、効果がすごくありそうです。
息子が言うには、実際に、効果がかなりあると言うことなのです。
ただし、これには、副作用があるらしいのです。
胃部の不快感、性欲減退、頭痛などが主なものらしいのです。
しかし、この状態になるのは、数パーセントの確率らしく、それほど、高い確率で、この状態になるわけではないらしいです。
これは、日本では、医薬品として認められていません。
副作用があるので、認可されていないようです。
しかし、息子は、手に入れることができるらしく、現在、服用しています。
こんな薬の存在について、私は、息子から教えられるまで、知りませんでした。
ただし、これは、発毛剤ではないので、発毛はしないそうです。
脱毛を防ぐ働きがあるので、若い時に飲めば、禿げ防止に役立つのは、間違いなさそうです。
これで、将来息子が禿げなければいいなと思っています。